ESTAとは?

ESTA (英語:Electronic System for Travel Authorization)は、自動的にビサ免除プログラムの必須条件を確認するシステムです。記入情報はアメリカ行きの便の機内で書くI-94Wと同じです。国土安全保障省に属する税関・国境警備局によって旅行者あるいは指定された第三者によって申込書の記入が出来ます。

どのような方が電子入国許可をとればよいのですか? 入国許可が降りたらすぐアメリカに入国できるのですか?

アメリカに行く搭乗客には皆ビサ免除プログラムによる入国許可をとる必要があります。さらに、親とともに入国する子供も入国許可をとらなければなりません。搭乗客の依頼で第三者がこれらを行うことは許可されています。

アメリカへの入国許可はどうすればとれますか?

入国許可の手続きを行うためにはまず適切な申し込み用紙を記入し提出してください。全てに質問に答えれば大丈夫です。

インターネットにつながらない場合は他者に依頼できますか?

はい。友人、親戚、旅行会社などの第三者によって行うこともできます。

どれくらい前から入国許可手続きをするべきでしょうか?

申込書は旅行前ならいつでも大丈夫です。国土安全保障省は最低出発の72時間前に送ることを強く勧めています。

入国許可はいつまで持ちますか?

入国許可は二年間あるいはパスポートが切れるまで、どちらか先の条件が満たされた時まで持ちます。有効期間の間、旅行者はアメリカへESTA再申請なくても何度でも入国出来ます。

入国許可が降りたらすぐアメリカに入国できるのですか?

許可が降りた場合、ビサ免除プログラムによってアメリカへの入国が認められます。しかし、アメリカ本土への入場は保証されません。到着の際、あなたは入国管理局の検査官による確認を受け、その上で問題がない場合は入国が認められます。